スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | △Page Top

Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン)

Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン)

1959年ロンドン生まれ。キングストン美術学校、RCA(王立美術大学)で学んだ後、94年に自らデザイン事務所を設立。カッセルで開かれている「ドクメンタ8」でのインスタレーションを皮切りに、88年にはヴィトラ社のためのインスタレーション「住宅の新しいアイテム」などデザインとアートの融合を目指した活動を続ける。モリソンのデザインは現代イギリスの大きな流れであるミニマリズムの原点ともいえる要素を多く持ち、現代家具のメインストリームである「ニュー・シンプリシティ」を最も特徴的に体現している。実際彼のデザインする家具やプロダクツは、シンプルであるにも関わらず、作品と呼びたくなるような強い存在感を持っている。オリジナリティと実用性、さらにアート性までも融合することができるという意味で、現代で最も成功したデザイナーの一人といえる。

インテリアデザイナー(J) | △Page Top